トータルブランディング

「学校経営の安定化」と「持続的な成長の実現」を最終ゴールとした、
「学校ブランドの価値向上」を実施します。

「学校ブランドの価値向上」を目指し、俯瞰的な視点に常に立ち返りながら、入口・在学時・出口の各ステージにおける具体的なブランド戦略・施策を構築・実行します。
またブランド戦略実行後は、数値目標などの具体的な指標をもとに各施策を常に効果検証し、費用対効果も加味しながら、経営の安定化・持続的なブランド成長の実現を目指します。

学校法人におけるトータルブランディングの考え方

少子高齢化、人口減少という厳しい経営環境の中、学校においては、明確なブランドメッセージが重要となっています。
学校におけるブランドメッセージは多様となるがゆえに、現代においては、その学校の「強み」をより明快に、力強く伝える必要があります。

そのため、私達は戦略目標として、以下の3つに絞ったブランディングを実施します。

トータルブランディング戦略目標:3つの強化ポイント

実施イメージ

これらを達成するにあたっては、ターゲットに直接的な接点を持つ入口・出口対策はもちろんのこと、在学時における学生・教職員からのロイヤリティの強化も、学校ブランドの価値向上を大きく下支えする、長期的に大変重要なステージとなります。

実施イメージ 実施イメージ