広報・宣伝効果測定

実施した広報・宣伝活動は、どれだけ・どのような効果を与えることができたのか、測定・検証。

広報・宣伝効果測定

学校にとって、対外的にアピールできる代表的なツールは広報・宣伝であり、年間の出費でも広報・宣伝費は大きなシェアを占めています。

今年度以降に実施する広告、イベント、各種行事の実施後の効果・変化を確認し、その結果を今後の大学運営に反映し、さらに広報・宣伝活動を発展させていきます。

実施例

屋外ポスター・駅貼り広告の効果測定(大学)

  • 検証項目
    1. 広告認知率(年代別・地域別・高校生・その保護者)
    2. 大学の認知度の変化
    3. 大学の印象・イメージの変化
    4. 大学への興味度の変化
    5. 広告内容(デザイン、紙面内容)に関する意見、見解

    ※検証項目については、最終的に広告内容が確定後決定します。

  • 抽出項目
    1. 大学認知率アップに繋がっているか
    2. 大学の印象・イメージが向上しているか
    3. 大学への興味度が高まっているか
    4. タッチポイントとなりえているか
    5. 意見・見解分析による次回広告への注意ポイント
  • 検証手法
    • インターネットモニターによるアンケート調査
    • 街頭インタビュー調査
    • マンツーマンインタビュー調査

    ※事例に最も適した手法を適用します。複数の調査を合わせた手法も可能です。

  • ターゲット
    • 高校生
    • その保護者
    • 地元住民 など
  • 実施ステップ

    実施ステップ